銀行カードローン

銀行系カードローンでおまとめをして完済することが出来ました!

新社会人として生活していく中で生活が苦しくなる瞬間というのがありました。会社での付き合いなどで出費がかさむこともあり、ピンチを乗り切る手段としてカードローンの利用を考えました。

いくつかのカードローン会社の利用を考えていたのですが、私が選んだのは「銀行系」と呼ばれるカードローンでした。これは「銀行が」カードローン業務をしていたり「銀行の傘下」のカードローン会社が業務を行っているなどがあるのですが、解りやすく言えば「○○銀行カードローン」といった具合に「銀行」とついているカードローンの事です。私がこれを選んだ理由は「金利が低い」ということなどです。

銀行系カードローンとは別に消費者金融系カードローンという物があります。銀行系カードローンはこの消費者金融系カードローンよりも「一般的に」ですが金利が低い傾向にあります。金利が低ければ「合計の返済金額」が少なくなるので、どのくらい返済するのかということに直接作用するためです。

加えて「銀行系」であるため消費者金融系のカードローンよりも安心感がありました。聞いたこともない名前の金融会社のカードローンより、耳にしたことがある、目にしたことがあるような銀行のカードローンを選びました。ただ、カードローンであることに変わりはないのでうかつにキャッシングしないように心がけるようにはしていました。

銀行系カードローンを選んだもう一つの理由は「給与の振込先」の銀行だったことです。給与の振込先の銀行が行っているカードローン業務だったので返済のための引き落としも同じ口座からすることが出来ました。これが他の銀行や消費者金融系のカードローン会社であればいちいち確認しながら申請をしなければなりませんでした。

特に給与振込先の銀行口座が利用できない可能性もありましたので、その場合は新たに「返済用の口座」を作ってそこへ「振り込む」という手間がかかります。これらの手間がかからず、いつも利用しているため、管理することが出来ている銀行の口座からの引き落としの手続きをするだけで利用できたので、返済日に残高が無いというようなことを防ぐことも出来ました。

今はしっかりと完済し生活にも余裕が出てきましたが、ピンチの時に頼れる先があるというのは心強く感じました。加えて解らないことがあればコールセンターで質問をするなどして乗り切りました。苦しい時の支えとして頼る先があったことは大変助かったと感じています。

便利!ネットや電話で融資を申し込めるので来店不要!

お金を借りる際、店舗に行くのはなかなか勇気がいるものですよね。周りの目も気になりますし、なるべく人に会わずに借りたい、というのが多くの人の考えではないでしょうか。

カードローンであれば、ドキドキしながら店舗に行く必要はありません。カード発行の際にも、ネットや電話、郵送で申し込むことができますし、実際に融資を申し込む際も同様に来店は不要です。人知れず迅速にお金を借りることが出来る、という事が、カードローンの魅力の一つでもあるのです。逆に、きちんと窓口で相談しながら手続きしたい、という方は店舗に行くこともできますので、自分に合った方法で申し込みをするとよいでしょう。

ただし、顧客の多様なニーズに合わせて色々な申し込み方法があり、気楽に手続きできる分、「借金だ」という意識が薄れてしまう恐れがあります。少額であっても借金は借金。初めての利用で特典が付いているという場合でなければ、必ず利息が付いてきます。しかも、カードローンの利息は高めに設定されています。最初に借りた金額と、返す総額をしっかり把握しながら返済プランを立てることが必要です。

ネットや電話、最近ではスマートフォンのアプリでも融資を申し込むことができます。とにかく便利ではあるので、借り過ぎ使い過ぎにならないよう注意し、自分の収入額と入金時期を念頭に置きながら利用すれば、社会生活を送る上でありがたい存在になるかと思います。自己管理しながら上手に利用したいものですね。

会社に知られずに気楽にローンを利用したいあなたに

急な飲み会や、運命だと思ってしまうような商品との急な出会い、時折ありますよね。そんな時手持ちのお金がないからと機会を逃してしまったら、交友関係を狭めてしまったり、後で後悔することになるかもしれません。

そこで役立つのがカードローンです。クレジットカードを持っていたら手軽に迅速にお金を借りることができます。ネットや電話、スマートフォンのアプリでも申し込めますし、ATMも全国各地に設置されているので、人に会わずにささっと申し込めるのが大きな魅力です。

お金を借りる際、心配になるのが、職場に知られてしまうことですよね。本当に申告した職場に籍を置いているのか、金融機関から会社に電話が入る、という話をよく聞きます。ですが、カードローンであれば、在籍確認もカード発行の際に終わっているので、ローンを利用したことが会社にばれる、ということはありません。しかも、最近では個人情報保護法が厳しくなっており、在籍確認自体を拒否する会社もあるようですので、まず職場に知られることはないでしょう。

迅速でプライバシーも保護されるカードローンは本当に手軽で便利です。ただし、すぐに貸してくれる分、金利が高めに設定されています。初めての利用者には何日間か無利息にする、というようなサービスをしている金融機関もありますが、返済が一日でも遅れると高い利息が付いてきますので、いつ返せるのかを十分に考えた上で利用することが得策です。

お金を借りる際に気を付けるべき点とは?

住宅や車など大きな買い物をする時以外でも、お金を借りたい時ってありますよね。そんな時に便利で手軽なカードローンは、年々利用者を増やしています。カードを作る際に審査がありますが、住宅ローンほど難しいものではありませんし、発行できてしまえば、お金を借りる時にとても迅速に対応してもらえます。

カードローンは少額から利用できますが、やはり借金は借金。色々と気をつけなければならない事があります。まずは、自分の収支バランスを考えてからお金を借りること。収入のめどが立っていないのにお金を借りてしまうと、返すあてがありません。返せないと利息はどんどん増えていきますので、まずはどのくらいの期間で返せるのか、しっかり把握しておくことが大切です。

それから、利息について意識をしておくこと。カードローンは手軽ではありますが、金利は高めです。返済を延ばし延ばしにすると途端に利息が膨れていきます。いくら借りて、いくら返すのか、つまり利息がどれだけ付いて返済総額がどれくらいになるのかを念頭に置くことが必要です。

そして、最もしてはならない事の一つが、借金返済のために他のところからさらに借金をする事です。これはいわゆる多重債務というものですが、借金が重なると複数の会社に利息を払わなければならないので、自分の借金額のうちの利息分がどんどん増えてしまいます。解決するには、借金を一つの会社にまとめる、という方法もあります。色々と法律的な救助策がありますので、多重債務に陥ってしまった時は早く専門機関に相談しましょう。

手持ちがなくてもカードローンを利用して投資ができる!

株価低迷の時代がしばらく続いていましたが、最近ようやく株式市場が明るい雰囲気になってきましたよね。こんな時に投資をして資産を少しでも増やしたいと考える人は多いかと思います。

投資にも株式、債券、FX、不動産、先物取引、投資信託などなど、色々な種類がありますが、どれも最初にある程度まとまったお金が必要です。ですが、投資したい!と思った時に手持ちが必ずしもあるとは限りません。しかし、投資はタイミングとの勝負でもあります。

そんな時に役立つのがカードローンです。長期投資してインカムゲイン(配当金による利益)を目当てにするのであれば向きませんが、短期で売り買いしてキャピタルゲイン(譲渡利益)を狙っているのであれば利用するのもアリかと思います。さっとカードローンでお金を借りてそのお金で投資して、価格が上がった時にぱっと売ってキャピタルゲインを得て、元金と利息分を返済するのです。そして、残った分を自分の利益とします。

そう聞くと、自分にもすぐできる、とお思いになるかもしれませんが、あまり簡単なことではありません。すぐに価格が上がって売れる状況になるのであればよいですが、それがわからないのが投資です。なかなか自分の目指す価格まで上がらず売れずじまいになってしまえばしまうほど、借金の返済期間も延びてしまいます。すると、利息がどんどん増えていき、結果的に損をする可能性もかなり大きいのです。

よほど短期的な投資に慣れている人であれば有効活用できるかもしれませんが、より大きなリスクを背負うことになりますので、初心者はカードローンを投資のために利用するのは避けた方がよいかと思います。少ない額でも投資できる金融商品もありますので、まずは無理せずにできる範囲で始めるとよいでしょう。

カードローンを利用する際の注意点はこれだ!

カードを持っていれば、急な入用時にさっとお金を借りることができるカードローンは、老若男女みんなのありがたい存在ですよね。ですが、いくら少額であってもお金の貸し借りをする取引ですから、色々と注意すべき点があります。

まず、数多くあるカード会社の中からどうやってカードローンを選ぶか。会社によって金利設定や限度額は様々です。期間によって金利設定を変化させる会社もあります。自分がいくら、どれくらいの期間借りたいのかを明確に決めてから選択すると、一番適したプランが見つかる事でしょう。

そして、利息について。初めての利用で最初の何日間かは無利息、とうたっているプランでも、一日でも返済が遅れれば高い利息が付いてきます。返済期間は長くなればなるほど利率は上がっていきますので、さっと借りてさっと返す、というスタンスで利用するようにしましょう。

カードローンを利用するにあたり一番恐ろしいのは、A社に返すためにB社から借りる、ということが重なって借金が膨らんでいくパターン、いわゆる多重債務です。このようにまた借りを繰り返すと、総合的に返済額が増えてしまいます。つまり、利息分がどんどん膨らんでいってしまうのです。このような状態に陥ってしまった時には、借金をまとめるなどの方法もありますので、一人で悩まずに早く専門家に相談して手を打つことが大切です。

カードローンは便利な分、自己責任を強いられます。自分の収入額、入金時期、生活のために必要な支出額をおおよそでも把握し、月々の支払可能額を割り出すことが無理なく返済していくためのポイントです。

少額のローンでも結婚の際には相手に伝えた方がいいのでは?!

若くてまだ収入が多くない人でも利用しやすいカードローン。簡単な審査でさっと借りられて、とても便利ですよね。少額から借りられ、ATMも全国にあるので、銀行代わりにちょこちょこ出し入れして利用する若者も増えてきています。

それだけ手軽な分、カードローンは「借金である」という意識が薄くなりがちです。利用方法も簡単ですし、主に少額の借り入れがメインだからでしょう。

しかし、いくら少額でも「ローンを組んでお金を借りている」という事実は、今後生きていく様々なシーンで申告が必要となります。たとえば、他のローンを新たに組む場合。住宅ローンや教育ローンを利用する人はとても多いですよね。そのようなローンの審査を受けることになった際、カードローンを利用しているということは審査の一つの項目になるのです。

ですので、もし結婚をすることが決まり、ローンの返済が残っているならば、相手に伝えることが礼儀だと思います。いくら少額であっても、「借金をしている」という事は事実なのです。後で、たとえば住宅購入の際にばれてしまったりしたら、信頼関係にひびを入れかねません。「少額」という考え方も人それぞれです。10万円が少額と考える人もいれば、大金だと考える人もいます。結婚までに完済するのがベストですが、そうもいかないのであれば、相手にしっかり伝えた上で判断をゆだねる事が、長い結婚生活を円滑に進めるための近道だったりするのです。

クレジットカードによってローンの金利が違います

カードを持っていれば必要時にスムーズにお金を借りることが出来るカードローン。カード発行時に審査が済んでいるので、借り入れ時にはとても素早く対応してもらえ、急な出費の強い味方ですよね。また、お金を借りたことを家族や職場に知られないような借り方もできるので、気持ち的にもとても手を出しやすい仕組みです。

今では、沢山の銀行や消費者金融機関などからカードが出ていますが、ローンの金利はそれぞれ異なります。全体的にはだいたい4%前後~18%くらいが水準で、借入金額、返済期間によって金利は異なります。

また、カードローンはその運営会社によって、それぞれ特色があります。たとえば、金利設定は高いけれども、初めての利用者には最初の30日間無利息にする、というところもあれば、全体的に少し低めの金利設定にしてあるが特にサービスはない、など、色々なパターンがあります。また、借り入れ限度額にも違いがあります。どれくらいの金額をどれくらいの期間借りたいのかをしっかり定めてからカードローンを選択するとよいかもしれません。

色々な特色があるカードローンですが、どのプランを選んだとしても、スムーズに借りて、さっと返すことを基本姿勢として利用すべきものです。返済期間が長引くとどんどん利息は増える一方です。住宅ローンなど一般的なローンと比べて金利はかなり高いので、いつ返せるという計算をしっかりした上で賢く利用すれば、生活に潤いをプラスしてくれる救世主になるはずですよ。

クレジットカード契約の際には手数料やカードローンの利息を考えよう

様々な支払いの際に便利なクレジットカードは、現代社会に生きる私たちにとって、なくてはならないものになってきました。ですので、沢山の会社が色々な種類のカードを出しています。

では、沢山ある中で、どのようにカードを選べばよいのでしょう?まずは、職業や収入。一定の収入がないと審査に通らず申し込めないカードもありますので、自分の収入に見合ったカードの種類を選びます。また、カードによっては年間費などの手数料が発生することが多々ありますので、そのチェックもすることが大切です。年間数千円でも、10年持てば何万円にもなりますので、よく検討してください。

そして、クレジットカードには大概キャッシング機能が付いていますよね。いわゆるカードローンです。お金を借りる際に気になるのは利息です。カード会社によって利息の金利設定は異なりますので、よく調べるようにしましょう。金利の数字だけでなく、たとえば最初の一定期間は無利息や低金利だけど途中で高くなる、など特色がそれぞれの会社にありますので、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。

クレジットカードはとても便利ですが、ついつい使い過ぎてしまうもの。また、カードローンも気軽に手続きできるのでどんどんお金を借りてしまいがちですが、必ず自分が支払いをする時はやってきます。いつどれくらいの収入があるからこれだけ使おう、借りよう、というように、しっかりと計画性を持って利用するようにしましょうね。

カード会社からお金を借りる仕組み

今ではほとんどの人が所有しているクレジットカード。欲しいものがあって手持ちのお金がない時にさっと買えたり、ネットショッピングでスムーズに決済できたり、様々な支払いをクレジット払いにするとポイントがついたり、メリットが沢山ありますよね。

そもそも、クレジットカードとはどのような仕組みなのでしょうか?簡単に言えば、カード会社が立て替えておいてくれるシステムです。クレジットカードを使用できるお店は、カード会社に加盟して手数料を払います。カードを使えるようにしておくことで、顧客を逃さないという狙いがあります。今手持ちがないから買えない、という事を回避して、その場でお客様に商品を買っていただけるという利点があるので、お店はカード会社に手数料を支払ってでもクレジットカードを使えるようにしたいのです。そして、消費者がクレジットカードで買い物をすると、カード会社がお店にひとまず立て替えて代金を支払ってくれます。その後、消費者にカード会社から請求が来る、という流れです。

いくら加盟しているお店から手数料をもらっているとはいえ、立て替えてくれるなんてイイ人過ぎる!と思いますよね。しかし、そこはビジネス。まずはクレジットカードを作る際に、信用できる人なのかどうか、審査をします。そして、問題なければカードが発行されます。その信用度に応じて(カードの種類に応じて)利用限度額が異なります。

そして、クレジットカードの使い道は、買い物や支払だけではありません。利用限度額内でお金を借りられるキャッシング機能も付いています。お金を貸せる相手かと言う審査はカード発行の際に済んでいるので、必要な時は申し込んでからすぐにスムーズに借りることができます。これはとても便利なシステムです。

ただし、さっと借りられる分、金利は高めです。すぐに返せば無利息や低金利の場合もありますが、返済期間が長引けば長引くほど、高い利息が付いてくることをお忘れなく。クレジットカードでの買い物やキャッシングはとても便利ですが、実際に現金を自分の手で扱わないので予想外に使ってしまいがちです。どれくらい使ったのか、どれくらい借りていつ確実に返せるのか、という意識を常に持つことが上手く使いこなすポイントなのです。

クレジットカードを持つメリットの一つがキャッシングです!

今手持ちの現金がなくても、預貯金からおろせる残高がなくても、さっと買い物ができるクレジットカードは本当に便利ですよね。旅行の際も役立ちますし、ポイントがたまるので敢えてクレジットカード払いを利用する、という人もどんどん増えています。

このクレジットカード、便利なのは買い物だけではありません。急にお金が必要になった時にお金を借りることもできるのです。いわゆるキャッシング機能です。最近ではだいたいのクレジットカードにこのキャッシング機能が付けられています。

クレジットカードは発行の際に審査を受けますよね。その時点で審査は済んでいるので、お金を借りる時はとてもスムーズで簡単なのが魅力です。買い物などをしてクレジットカードをすでに利用しているならば、利用限度額の残高の範囲内で手軽にお金を借りることができます。

このように手軽で便利なクレジットカードのキャッシングですが、金利が高めに設定されているので注意が必要です。お金を借りるというと一番代表的なのが住宅ローンですよね。住宅ローンは長期で高額を借りる前提のものですが、キャッシングは短期間少額を借りる前提で設定されているものです。早めに返せば無利息や低金利、というプランもありますので、さっと借りて、さっと返すのが鉄則です。

返済できる時期をしっかり見極めた上で、無理のない金額を借りれば、とても便利なキャッシング。上手に活用すれば、生活に潤いとメリハリを与えられますが、うっかりすると自分の首を絞めるハメになります。借りる前にまずは自分の収支バランスを確認するようにしてくださいね。